大学での作品制作について

大学での作品制作について

大学

出張撮影のかたわら、京都芸術大学で写真について学んでいます。
大学で学んでいることはいわゆる商業写真ではなく、美術としての写真。
「大学での写真は研究」と教員の方からご指導を頂いており、出張撮影とまた違った視点で学ぶ写真は楽しくもあり、苦しくもあります。

下記の作品は去年制作したセルフポートレート写真。
この作品を制作した頃は「シュールレアリズム」というジャンルにはまっており、ダリやシャガールなどの時代に撮られた写真を研究していました。

出張撮影の写真と雰囲気が全く違うのですが、こういった作品作りも行なっています。